やまもとワイナリー思い出アルバム

第八回:「いちごワイン七変化!こんな使い方もあったんだ!」

いちごワインの可能性を追求!!

参加した宮城マリアージュプロジェクトで、いちごワインが秘めた新たな可能性に気づくことができた。

ワインといえば食事と一緒に、というのが一般的な楽しみ方だが、いちごワインの独特の香りや味わいを活かすもう一つの方法は、料理に使うことだ。

私達はいちごワインを、様々な料理やお菓子の材料としても試してみることにした。

いちごワインを使ってレッツクッキング!

例えば、ワインゼリー

これはいちごワインの味わいが素直に感じられて美味しかった。

果物をいちごワインで煮込んでみると、ほのかにいちごの香りが香るコンポートができあがった。

生チョコに混ぜ込んでみたりもしたが、これはチョコの風味がいちごに勝ってしまった。

ただ、ウィスキーボンボンのようにワインのソースを入れたりすればワインの風味も活かされて美味しそうだとの意見が出た。

色んなレシピをためしてみよう♪

そしていちごといえばデザートのイメージが強いが、それだけでなくお食事系もということで、肉のワイン煮込みにいちごワインを使って調理してみたりもした。

いちごワインで煮込んだお肉は柔らかく、ほのかにいちごの甘さと香りが感じられた。

お肉にいちご、意外な組み合わせ

今回紹介したいちごワインを使ってのレシピはブログにも掲載されているので、興味のある方は見てみてほしい。

いちごワインはまだまだ可能性を秘めている。

どんな食材と合うのか、マリアージュができるのか、その可能性は無限大だ。

その魅力を存分に引き出せるよう、今後も模索を続けていきたい。

いつか相性抜群のお相手と・・・

トップへ戻る