ワインのストーリー

このページでは、ワインにまつわるお話を書いていきたいと思います。

ワインアイコンワインへのこだわり

ワインの製造工程をここではご紹介いたします。コンセプトは「ごまかしのない本物へのこだわり」です。素材・醸造・品質・風味、どれも妥協なく追求しています。

ワイン醸造の作業中

以下のように5つの工程を経て、当農園のいちごワインは作られています。

ワイン製造における5つの作業工程

ワインアイコン1:原料処理

ワインの原料となるいちごやブドウを破砕機に入れます

ワインづくりの最初の工程が原料処理です。先ず、破砕機を使用していちご(写真ではブドウ)を潰します。果肉や果汁の混ざり合った、ワインの基となる物を「醪(もろみ)」と呼びます。

ワインアイコン2:醸造

ワインを醸造する部屋です

ポンプで送られたもろみや果汁は「マスト」と呼ばれます。はじめにこのマストのPHを調節します。PHが高いと、カビやバクテリアの繁殖が進み、ワインが劣化しやすくなるからです。次に、マストに酵母を添加します。添加後は24時間静置し、酵母の数を増やします。

ワインアイコン3:品質管理

ワインの品質管理を行うための機材です

発酵中のワインを定期的に検査し、品質を管理する作業は大変重要です。PHや糖度、比重、アルコール度数、酵母の栄養源となる資化性窒素などがワイン中にどの程度含まれているのか分析し、試飲をして発酵状況を確認します。ここでワインの味を決めていくことになります。

ワインアイコン4:充填

ワインを瓶に充填しています

発酵が終わったワインは瓶に充填されます。写真の充填室ではワインの殺菌・瓶の洗浄・瓶詰め・キャップ締めまでの一連の充填作業を行っています。スパークリングワインを製造する場合は、さらに炭酸充填機を用いて、ワインを冷やしながら炭酸を加えます。

ワインアイコン5:ラベリング

瓶に貼るラベリングを準備しています

最後は充填されたワインにキャップシールとワインのラベルを貼り付け、商品の出来上がりです。やまもとワイナリーは、小規模で多種類のワインを生産しているので、ラベル貼りの作業はオートメーションではなく、一本一本に丹精を込めて手動で行っています。

ワインアイコン6:ワインの完成!

いちごワインが完成しました!

いちごワインの完成です!

トップへ戻る