未来に向けてのロードマップ

山元いちご農園は変化し続けています。このページでは、農園の将来展望について書きたいと思います。

温室アイコン山元いちご農園事業マップ

山元いちご農園事業マップ

当初は社名の通り、いちごの生産・販売のみを行ういちご農家でありました。それが時を経るにつれ、ブドウの生産やワインの醸造に取り組んだり、ハーブの生産・商品化に挑戦したり、観光として楽しめるよう施設を整えたりと、6次産業を軸とした総合農園を目指しております。

温室アイコン復興から地域活性化に向けて

山元いちご農園の将来展望

しかし、現状を見ると私達はまだまだ発展途上で、目標達成には沢山のハードルがあります。ハーブ・ブドウの生産や、最新の自動制御による栽培施設の稼動、バームクーヘンなどの新商品開発は始まったばかりですし、観光農園としての施設整備もまだまだ十分とは言えません。

多くの方々が年間を通して山元町に来て楽しんでいただく事で、雇用の安定化を推進しつつ定住者を増やし、より地域が活性化していく事を望んでおります。

トップへ戻る