やまもとワイナリー思い出アルバム

いちごワインってどう思われてるの?

いちごワイン」と聞いて、一般の人はどんな味・香り・色を思い浮かべるのだろう?

ワイナリースタッフはそれを知るため、アンケートを手に仙台の街中へと繰り出した。

道行く人達に声をかけ、アンケートに協力してもらうのだが、まず止まってくれる人がなかなかいない!

普段アンケートなどで呼びかけられても通り過ぎてしまうことが多いが、アンケートをとる立場になるとこんなにも大変なものなのか……。

求む!いちごワインに対するイメージ

しかし中には足を止めて下さる方もおり、感謝の思いでアンケートにご協力頂いた。

街頭だけでなく、ワインのイベントなどにも足を運び、参加者から意見を募り、いちごワインに対する一般の方のイメージを徐々に集めていった。

いちごの持つイメージとは?

やがて100件程度のアンケート結果が集まった。

いちごというと、赤く、甘酸っぱく、瑞々しいイメージを持っている方が多い一方、真っ赤な色と甘い香りと味をイメージする人も多くいた。

これは香料や着色料によるものだ。

加えて、過去に作られてきたいちごワインのほとんどは甘口なデザートワインであるため、甘いというイメージを持っている方も多くいた。

得られた結果をどう受け止めるか?

私達は自然のいちごを前面に出し、味わいも従来とは異なる方向で作っていこうと考えていた。

それを売りにしたとき、手にしたお客様との間にはギャップが生まれることが予想された。

しかしこのギャップは良い方向に働くのではないか。

お客様が飲んだ時に今までにないいちごワインを感じる、それこそが世界でも初めての自社ワイナリーを持つ私達が作れる「いちご農家だからこそできた真実のいちごワイン」なのではないかと思った。

祝!ついにワイナリー棟が完成!

その年の秋、ついに農園にはワイナリーが完成。

同時にいちごワインの醸造が始まった。

果たして、コンセプト通りのいちごワインを作ることはできるのだろうか?

その答えについては、また次回!

トップへ戻る